武蔵浦和で野菜を買うならマーレ→マルエツ→オリンピックの順で巡回するのがいいです!

駅から徒歩で行けるスーパーと言えば上記の3店です
この巡回ルートはいわば、食材の質が良い順です


高級スーパーのマーレでは100円台の新鮮野菜を買うのが最も得!


P1400873

マーレは高級志向のスーパーとなります。
高級だから、とても庶民には手の出せないお値段か・・・と思いきや、
やはり客寄せのために100円台のお野菜を扱っています。

よく見かけるのはサラダ菜、パプリカ、ズッキーニ、ニラ、長ネギ、ほうれん草、ごぼう、にんにく、しょうがなどなど
このあたりのお野菜が特売日は100円台で出回ります。

マーレのすごいところは特売の野菜であっても質がいい!というところです
というわけで同じ値段ならマーレで野菜を仕入れたほうがいいのです。

また、マーレではたまにサンマルクやミスドのある正面入口で「朝市」を行います
これがとっても質の良いお野菜でいて、爆安なのです

ナスが3本100円とか。
ぶっといエリンギが50円とか。

小学生のおこづかいレベルのお値段で買えちゃうのです。

朝市はマーレの営業開始前から先行して販売しているのですが、朝が得とは限らない
マーレの営業が始まってからの方が店内の野菜と比較できておすすめです。
さらに朝市の業者は早く売りさばきたいわけであって、正午頃になると大幅値引きを行います。
その頃には多数の売り切れ商品もでているわけですが、朝市は朝よりもマーレ開店後~正午が得なのです。


マルエツは地味に質のいい野菜を扱ってる!

P1400866


マーレで良い野菜がなかったらマルエツ武蔵浦和店へ

火曜と水曜は100円商品が多数でます。

野菜も1個からバラ売りしてくれるのが特徴のマルエツ。
じゃがいも、にんじん、なすなどの常備野菜がバラ売りなら1個100円以下で入手できます。
さすがにバラ売りの野菜は小ぶりのものが多いのですが、ちょっとだけ使いたいの・・・という人にはおすすめ。
独身世帯によりそったスーパーです。
深夜1時までやっているし、働くサラリーマンの駆け込み寺です。

ただセール時以外は比較的高めの値段設定だと思います。
駅チカだからしょうがない。


安定の低価格!オリンピックに行けばなにかしら野菜を買っちゃう!

P1400863


マルエツに行っても大した野菜がなかったな・・・と言う時、オリンピックまで足を伸ばします

オリンピックは安定の低価格
いつ行っても100円台の野菜が常備してある気がします。

この店は商品ジャンルによって半額タイムが定められています。
21時閉店ですからそこから逆算していってほしいのですが、
半額になる順番は野菜→【魚→肉】→【惣菜・パン・サラダ】です

雨の日や日曜日、新入りのバイトさんが担当の時は半額タイムが30分位ずれ込んだりします。
なかなか読みづらいのですが惣菜・パン・サラダについてはいつもオンタイムな気がしますね。

魚と肉は2人制だと、一緒に半額になりますが、1人の時は魚→肉の順に貼るような気がします。
すると肉の半額タイムが押すんですよね。
肉を待ちわびている時は本当にこの時間がニクいです。(笑)


野菜が半額になる時間がわかっているのでその時間を狙ってお目当ての野菜をゲットすることも・・・

おすすめはリーフレタス半切り88円の半額で44円
大根半切り50円の半額で25円
近年高騰中のキャベツも半額になります。

以前はかぼちゃもバンバン半額になっていたのですが、最近は20%引きまでしか見たことがありません
一体いつ半額になるのだろう・・・

マーレに比べたら質は劣ります。
小ぶりのもや、ハリのないものが結構あるかな・・・という印象ですが、ここに来るまでにマーレもマルエツも回っているならばあきらめも付くでしょう。

なんだかんだ野菜を多く買っているのはオリンピック
いつもお世話になっております。


武蔵浦和にはスーパーがいっぱい!

野菜はここ、魚はここ。
冷食はこの日にこのスーパーしかありえない。

長年住んでいると、そんな使い分けができてくるのものです。
今回のはあくまでわたしの個人的な巡回ルートですが、ご参考になれば幸いです。

▼武蔵浦和のスーパーのチラシ閲覧はこちらから
マーレ武蔵浦和→最新チラシダウンロードへ
マルエツ武蔵浦和店
オリンピック武蔵浦和店



【おすすめ記事】
埼玉で一人暮らしする20代OLの通信費は携帯代合わせて税込み月5709円

今読むべき埼玉県本まとめ

埼玉案件多数!覆面調査(ミステリーショッパー)ならファンくるがいいぞ



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 編集