P1400962

武蔵浦和駅から歩いていける市民プール「沼影市民プール」
夏はプールとして開放されていますが、なんと冬はアイススケート場になるんです

小学生以来全く行けてなかった沼影のアイススケート
今回10数年ぶりに行ってきました!
事前に知っておきたい注意点などを解説します

沼影のアイススケート場の料金。見学は無料!


P1400963

沼影のアイススケート場の料金です
貸靴を含むと大人は1000円ポッキリ
これで1日滑れます

小中高は670円
幼児と見学は無料です

保護者の方で「わたしは滑らないぞ!」という方は付き添いとして無料で入ることができるんです


P1400964

スケート靴はあるからいらないよ!という方なら大人は640円、小中高は310円で滑ることができます
これで1日遊べるのですから安いですね!

沼影のアイススケートでは手袋が必須!忘れた場合は場内の売店でゲットできることも!?


P1400987

スケートをするには手袋持参が必須となっています
スケート靴はレンタルできるのですが、手袋だけはレンタルがありません

「手袋をうっかり忘れてしまった!」と言う時
場内で手袋が買えるかは運次第

とりあえず売店では200円の手袋が売られていたのですが、
この売店、夕方になると跡形もなく消えてしまうのです

ということで、もし売店のやっていない夜の時間帯に手袋を忘れてやってきてしまったら・・・?
正面の駄菓子屋「いせき」を当たるか、駅前のダイソーが近いでしょうね

くれぐれも手袋だけは忘れないようにしたいものです


予期せぬ「整氷」に注意!温かい日は1日に何回もやる傾向


P1400965

スケートリンクを整備する「整氷」が予告なく行われます

市民プールの時は1時間に1回10分間の休憩タイムがありました
10分くらいならいいんですけど、スケートリンクの整氷は長いのです
1回30分もかかります

これはその日の氷の溶け具合を見て行うので事前に告知ができません
できるとしたら決定次第チケット売り場に掲示するくらい・・・

実はちょうど訪れた時整氷開始時間にあたってしまって、無駄に足止めを喰らいました
この後も予定が詰まっていて、そしてものすごく寒かった日だったので時間がもったいなく感じましたね

この整氷、寒い日は少なく、温かい日は回数が多いのだそうです
時間帯はまったくもってランダムで一概に言えないそうですから、これはもう運ですね

貸靴は結構サイズ豊富みたい!

P1400966

小さいサイズもあったので良かったです
小学生の時に訪れた記憶だと、貸靴のサイズが全く合わなくて足がうっ血しそうだったんです
今回は自分にあったサイズを見つけられました

P1400967

貸靴は入り口はいってすぐのところで受け取ります
ここではためし履きしかできず、リンクサイドに行ってから履き替えます


沼影アイススケート場では荷物はどうしたらいいの?ロッカーはあるの?

P1400968

夏のプール営業時に機能していた管理棟の2階の更衣室はスケートリンク営業時になると封鎖されます
玄関の貴重品ロッカー(100円リターン式)は機能していますが、スケートリンクにも貴重品用ロッカーがあるのでそちらを利用した方が便利でしょう

P1410007

スケートリンクのロッカーがこちら
オレンジ色が荷物用のロッカーです
プールの時と同じように、50円のメダル式です
両替機はこのロッカーの近くにあります
ロッカーは1回開けるとメダルを吸い取られてしまいます

お財布やカメラや携帯を取り出そうと思って、1度開けてしまうと、締めるのにまた50円のメダルが必要なんです

というわけでこのオレンジのロッカーに荷物をすべて入れる前に、貴重品は抜いておきましょう

P1410006

スケートリンクの脇には小荷物用のロッカーがあります(100円リターン式)

こちらにお財布や携帯、カメラを入れておくのが賢い使い方!
地元の人はちゃんと知っています 

50mプールが冬はアイススケートリンクになる!



P1400973

プールは行ったことあるけど、スケートは行ったことがない、という方も多いハズ
一体どこがスケートリンクになるの?というと、画像の上の方にある50mプールなんです
これが全面冬にはスケートリンクになるのですね

沼影アイススケートのリンクサイドは快適か!?

P1400972

リンクサイドには壁がなくとても寒いオープンな席と、
壁に囲まれストーブも焚いてる温かい席の2つに分かれています

画像はとても寒いオープンな席
ロッカーもあるのですが割りと荷物は置きっぱなし状態
靴もそこらじゅうに散らばっています


P1400977

そして、オープン席の隣には扉で仕切られた温かい空間があります
みんな整氷のときはここに非難していました
お子さんも大変多いのですが、保護者の方はこの中でずっと温まっていました 

P1400976

このスペース内にはストーブもありました
自販機もあるし、椅子もあるしで快適。
故にこちら側の席ばかり混雑していました。

P1400974

便利なところではサンダルやヘルメットなんかもありましたよ


沼影のアイススケート場の売店ではなにが食べられる!?

P1400982

夏場は売店が賑やかですけど、冬場はこうして移動式の販売車がやってくるだけ
少々寂しい感じでした


あげもの、たこ焼き、肉まん、そしてクレープなどなどが販売されていました

P1400980

売店で買った食べ物を食べる用のテーブル・イスもあるのですが、こちらも夕方頃になると撤収

子供が雪遊びできるスペースがあるよ


P1400992

地味に楽しいのは雪遊びスペース
スケートリンクの隣にほんのちょこっとだけこうしたスペースがあるのですが
おもちゃもあるしで盛り上がっていました

小学生未満は無料で入れるのでスケートができない子はここで遊ぶのもいいかも

P1400990
 
沼影のアイススケート場感想 
沼影のキッズたちはスケートがめちゃくちゃうまかった! 

P1400994

さて、10数年ぶりの沼影のスケート!
滑れていないのはわたしだけじゃないか!?ってくらいみんな上手に滑っていましたね!

客層はキッズが最多。スケートめちゃくちゃ上手いです
お友達同士で遊びに来ている子も多かったですね
沼影のアイススケート場では早朝に有料のスケート教室をやっていて、これが結構人気なんです



日曜のスケート教室開催日は駐車場が早朝から埋まってしますので、
遠方からやってくる人はこの日は注意したほうがいいでしょう

平日のスケート教室もあります

P1400975
 
中には「毎年スケート教室を受けている!」なんて人もいて、どうりでこの辺のキッズはスケートがうまいわけだ~と思いました

本当に「滑れてない人」がいなくて、
みんな悠々自適に滑走していくからびっくりです

わたしも小学生の頃、もう少し真面目にここに通い詰めていれば、今頃は颯爽を滑れていたのかもしれない・・・

翌日から1週間は全身筋肉痛で動けませんでしたね(笑)

沼影市民プールは建物も相当古く昭和感満載。
正直デートでここにやってくるのはどうなの?
若い人全然いなくて浮いちゃうよね!?って感じなんですけど、大人が行っても十分楽しめますし、このゆるさが埼玉らしくって、これこそが「住みやすさ」なんだよな~と思いました

筋肉痛が直ったのでまた行きたい!

P1400979

冬場のプールは水が濁って汚かった・・・

沼影アイススケートリンク


公開日
12月中旬~2月中旬


開場時間
平日 午前9時から午後6時まで
土曜・日曜・祝日 午前9時から9時まで
(滑走終了時間は午後8時50分)

公開日は急な変更もあるようです
お出かけ前に 公式HPをご確認ください

▼関連記事

市民プール


沼影市民プールに行く前に知っておきたい基礎知識!更衣室ロッカーは1回開けるごとに課金される!

【激安】430円ですべり放題!沼影市民プールのウォータースライダー

沼影市民プールに行くなら持っていきたい持ち物リストまとめ


沼影市民プールの浮輪の空気入れって無料?

沼影市民プールの施設内フードメニュー

駐車場情報 混雑度や料金


スケート


武蔵浦和の沼影市民プールでアイススケートやってきた!大人は1日1000円!手袋持参が必須です

沼影アイススケート場のトイレ情報

沼影公園早朝アイススケート教室2017!応募は11/8~11/22!

プチ情報

沼影公園で卓球ができる!料金は1時間400円!ラケット、ボールレンタル無料!









このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 編集