大宮駅の東口のすぐのところに「東日本連携センター」が2019/3/28オープン予定です

場所はこちら



ラクーンのビルとみずほ銀行のビルの間です




 数年前までは三井住友信託銀行でした

完成図はこちら


キャプチャ


3階建てのビルのようです

キャプチャ

さいたま市のプレゼンテーション資料から閲覧できます

こちらの画像は「参考資料」として載っていただけなので、完成図ではないかもしれないのですが、埼玉新聞でも同じ画像を「完成予想図」として使っていたので間違いないのではないかと思います



(仮称)東日本連携センターってどんなところ?


キャプチャ


開設するセンターは地上3階建てで、
運営は市とさいたま商工会議所が共同で行う。

1階の「シティプロモーションフロア」は、カフェと情報カウンター、物販コーナー、市民向け休憩スペース、各自治体が物産展など催事を行うイベントスペースも設けられる。

整備が進む東日本連携支援センター(中央)=さいたま市大宮区の大宮駅東口(北側)前  市内ほか各地の地酒もここで提供され、
設置されたサーバーで15種類程度の日本酒が有料試飲できる。
銘柄は随時、入れ替える予定。

各都市のシティプロモーションと合わせてブランドPRも行う。

担当する市経済政策課は「多くの酒蔵を有する各都市が、非常に前向きに考えていただいている」と話しており、3月末には各地から集結した逸品が大宮駅前で楽しめそうだ。  

センター2階は商談会やセミナーを行うビジネス交流サロンとして利用される。
引用:大宮駅前に「美味」一堂に集結へ 東日本連携支援センターが3月開業 14道県25市町の特産そろう(埼玉新聞) - Yahoo!ニュース


一言で言って、埼玉のアンテナショップみたいなものみたいです
1階には各地の食品や特産品のPR、物販
そして日本酒の試飲ができるコーナーを設けるとのこと
ただし有料です
「市民の休憩スペース」というのがどの程度のクォリティなのか期待されます
Wi-Fiが飛んでると嬉しいですね

2階はビジネス利用できるスペースになるそうです
そうしたスペースはソニックシティにたくさんあるので自習室として解放してくれたらありがたいですよね

この場所のお向かいには「ナナエフ」という有名なコワーキングスペースがあります

▼関連記事
1人2時間500円!大宮のコワーキングスペース7F(ナナエフ)に行ってみた! : 浦和裏日記(さいたま市の地域ブログ)

こんな感じで座って作業できる場として解放してくれたらすごく嬉しいです・・・

そして3階についてはノーコメント
もしかしたら従業員専用フロアでしょうか

2020年のオリンピックに合わせて急ピッチで作業し2019年3月28日オープン予定となりました
今後の動きに注目です







▼大宮の再開発関連記事をピックアップ

image


キャプチャ
大宮駅西口第3-B地区第一種市街地再開発事業イメージ図公開!28階建て商業施設+マンション建設計画 : 浦和裏日記(さいたま市の地域ブログ)


キャプチャ
【大宮駅東口中央デパート再開発計画】18階建て複合ビルがオープン予定 : 浦和裏日記(さいたま市の地域ブログ)

大宮駅グランドセントラルステーション構想(GCS)って一体何!?大宮駅周辺が再開発で生まれ変わる! : 浦和裏日記(さいたま市の地域ブログ)



 ▼関連記事
 これからさいたま市にできる新店・ニューオープンのテナント求人情報まとめ2018

閉店・新店記事まとめ

これからできるさいたま市の中高層建築物(新築マンション)・大規模開発行為(商業施設)まとめ2018







このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 編集