キャプチャ

ふるさと納税の返礼品でお得な「ギフト券案件」が復活しました!
終了時期未定ですが、お早めに・・・!



【ギフト券の返礼品】

【3月下旬から発送】サーティワンアイスクリーム商品券8枚 (4000円分):13500円

リンガーハットグループ共通商品券8枚 (4000円分):13500円



還元率は約30%!
以前は50%還元もあったのでちょっとずつ落ちてますね・・・

ふるなび」経由でログイン&クレカ払いだと+2%の270円分のアマゾンギフト券ももらえます

アマゾンギフト券は通常1%還元なのですが、キャンペーンで2%になっています

通常1%のAmazonギフト券 プレゼントを2%で還元中!
キャンペーン期間:2019/2/8 12:00 ~ 2019/2/28 23:59



ギフト券の返礼品なら「ふるなび」


ギフト券の返礼品を取り扱うのは「ふるなび」というサイトです
他のサイトでギフト券を探してもあまり載っていません

検索窓に「ギフト券」と入れるとあらゆるギフト券を探せます
サーティワンギフト券やJCBギフト券なども取り扱っていますよ

詳細:ふるなびでギフト券の返礼品を探す



年収300万円以上で2万8000円ふるさと納税できる!


ふるさと納税には税金が還元される上限の金額があります
年収300万円の人で2万8000円くらいが目安です
ただし扶養親族や住宅ローン控除、イデコの金額などによって個々人で変わってきます

このあたりはふるさと納税のサイトで簡単に計算できますよ

今回のギフト券案件は13500円~なので年収が150万円あればチャンスがあることになります

過去には2万円で1万円分還元される案件もありました

2万払って、1万円になるなんて・・・
「1万減っているじゃないか!」と思うかもしれません(笑)

しかし、この2万円は本来自分が住んでいる自治体に払うお金でした
普通に自分の自治体に2万円払っても、1円も返ってこないのに、他の自治体に寄付すると1万円戻ってくるんです

「お金が減っている」と考えるのではなく、「1万円戻ってくる!」と考えるのです
そう考えるとお得じゃないですか?
ふるさと納税がお得!っていわれるのはこうゆう仕組みだからです


クレジットカード払いで更にお得!


ふるさと納税にはクレジットカード払いできる返礼品も数多くあります
クレジットカードのポイント還元率が1~2%なら、その分返ってくるわけです

ふるさと納税でお得になるのは住民税(と所得税)なのですが、これらの税金はクレジットカード払いしていないですよね?
普通は給与天引きされちゃってますよね?

でもふるさと納税をすればクレカ払いできるので、クレカのポイントもゲットできるのです
税金の支払いでクレカのポイントが貯められる・・・!
これはとってもお得なことなんです



楽天カード×楽天市場のふるさと納税が最強


ふるさと納税には2000円の自己負担金が発生します・・・
しかしながらこの2000円はクレジットカード払いをすることで回収できるのです

最もポイント還元が高いのが「楽天カード 」×楽天市場です
実は楽天でもふるさと納税を扱っているのです

B751 【ふるさと納税】30年産タワラ印厳選米5kg×3セット計15kg
B751 【ふるさと納税】30年産タワラ印厳選米5kg×3セット計15kg

楽天カードを持っていると楽天市場でのポイントが最大13%貯まります
会員ランクによりますが、わたしは常時5%くらい貯まっています

さらに楽天独自のポイントアップキャンペーン(お買い物マラソン、楽天イーグル勝利、5と0のつく日)もふるさと納税に適用されます

こうして楽天を使いこなすと、自己負担金の2000円はあっという間に回収できるのです

ただし、楽天で取り扱っているふるさと納税は商品数が少なく感じます
コスパのいい返礼品はまた違うサイトで取り扱われていたりしますね・・・

アマゾンギフト券の返礼品も「ふるなび」でしか見かけませんでした



ふるなびでふるさと納税すると更にアマゾンギフト券がもらえる



ふるなび」なら
  • さらに寄付金の1%分のアマゾンギフト券がもらえる(増量キャンペーンもあり)
  • 2%還元のクレジットカード支払いでさらに還元

ということでおすすめ!
特にふるさと納税×ギフト券を扱う「プラットフォーム」を見つけるのは手間です

気になる方は直リンクからどうぞ


詳細:ふるなびでギフト券の返礼品を探す


ふるさと納税は年々規制が厳しくなってきてお得な返礼品がなくなってきています
ビジネスセンスのある自治体は増収していますが、センスのない自治体からは多額の税金が持ち出されていますね
特に東京の落ち込みはすごいみたいで、総務省がなんやかんや言うのも本拠地が東京だからかもしれません・・・(笑)

ギフト券の返礼品も今後間違いなく規制されていくでしょう

ふるさと納税は「ふるなび」のようなサイトがあるので、「ネットショッピング感覚」でできます
そもそも楽天市場でもふるさと納税を扱っているくらいなので、ネットで買い物できる人はふるさと納税だって簡単にできるはずなんです

敷居が高いと感じてまだやったことがないのであればちょっと勉強して一歩踏み出してみましょう
こんなにお得な返礼品があるのできっと今のうちだけです
 






このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 編集