武蔵浦和が全世界に向けて誇る珍スポット「中華富士
TVや雑誌でも度々取り上げられその名はいまや全国区です。

そんな中華富士、2015年12月新たな「顔」が完成したのだといいます

▼詳しくはこちらの武蔵浦和ページに載っています



みんなが「怖い」というので新しい顔はマイルドにしたとのこと。
早速比較してみましょう。

P1100835
ビフォー

P1250200
アフター

P1250203

確かに!言われてみると怖さがマイルドになっている!
心なしか朗らかな表情になったような気がします

P1250204


この店主手作りの顔は、周辺のタワマンに負けるまいと作成されたのだとか


武蔵浦和なび様が素晴らしいレポートを書かれています!

このお店自体は36年間続けられているお店のようです。
当時はお客さんや常連さんで非常に賑わいを見せていたお店だったようです。
ですが、近年のマンションなどの高くて大きなお店がたくさん出来たため、この小さなお店は印象がうすくなり常連さんも少なくなってしまったそうです(多分、年齢的なものもあるのでしょう)。

お店のおじいさんは「これではダメだ!」っと思い「派手な看板を作って、マンションに負けないようにアピールしよう!」っと考え、手作りで色んな看板をつくり、お店に設置したみたいです。

それが今では、あのような看板になったとのこと。武蔵浦和の発展の波に取り残された感じのお店ということですね。(武蔵浦和なび 「中華富士」

地域にこんな素敵な書き手さんがいらっしゃるとはありがたい限りですよね。
流石武蔵浦和特化型のサイトです。

この界隈で気になるのはケーズデンキ跡地にはなにが出来るのだろう?ということ。再開発地区に入っているのでケーズの跡地が決まればその周辺である中華富士も存続が怪しい・・・と管理人は踏んでいます。
「変な顔の店」として訝しむ方もいらっしゃるでしょうが、このお店「モヤモヤさまあ~ず」や「月曜からよふかし」にも取り上げられたのです!

P1250202
ぶらり途中下車でも放送されたそう!

今武蔵浦和で地味にアツいスポットです!



▼珍スポと言えば「東京別視点ガイド」
怖いバージョンの顔が克明に記録されている!

東京別視点ガイド : 【巨大な顔が目印】武蔵浦和の「中華富士」でトンカツラーメンを食べてきた!
 



関連ランキング:定食・食堂 | 武蔵浦和駅



【散歩の達人】大宮浦和特集!深掘り取材に脱帽!これは永久保存版です



 

【おすすめ記事】
埼玉で一人暮らしする20代OLの通信費は携帯代合わせて税込み月5709円

今読むべき埼玉県本まとめ

埼玉案件多数!覆面調査(ミステリーショッパー)ならファンくるがいいぞ



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 編集