とにかく明るい埼玉ディスり漫画!魔夜峰央作「跳んで埼玉」が復刊!

埼玉県の書店では大量に平積みされています

「パタリロ!」でも有名な魔夜峰央さんが埼玉の所沢にいた頃、ネタとして埼玉を吊し上げた作品です。
Twitterで話題になり、さらにじゃまおくんさんのa Black Leafで紹介され爆発的に拡散。

全埼玉県民が泣いた!伝説の埼玉Disマンガ 「翔んで埼玉」 その驚愕の内容とは!?:a Black Leaf (BLACK徒然草)
こちらのサイトちょっと変わった漫画を全力で紹介するサイトで、あの孤独のグルメの火付け役はこのサイトであると踏んでいます。新作がSPA!に載るたびレビューしてるんです。これがかなり面白い。

その後テレビ番組「月曜から夜ふかし」でも取り上げられ、跳んで埼玉は全国区へ・・・



そしてこの話題沸騰ぶりが、今回「跳んで埼玉」の復刊へと繋がりました
発売前には予約が殺到。異例の20万部スタート。

“埼玉ディス漫画”に予約殺到、発売前に重版決定で20万部スタート。 | Narinari.com

  埼玉ディス漫画『翔んで埼玉』にまさかの予約殺到だと? - NAVER まとめ
読んでみて分かったのですが、この「跳んで埼玉」3話までしか載っていないのです。しかも尻切れトンボで未完の作品となっている。その理由は・・・魔夜峰央先生が埼玉から横浜へ引っ越ししてしまったからだとか。

埼玉に住んでいて、自虐として埼玉をディスるのは許されるが、埼玉を出て埼玉を悪く言うのはただの悪口。ということで未だに完結していません。発売から20数年も経って、やっと脚光を浴びることとなった「跳んで埼玉」
そんな作品が平成のこの世でも未完となっているのはちょっとおもしろいですよね。これだけ話題になったのですから続編も読みたいところですが、魔夜峰央先生に再び埼玉に住んでもらわないと続きは描けないということなのでしょう。




本書には「跳んで埼玉」以外にも読み切りが掲載されています。
巻末の作者あとがきはまた面白いですよ。

「埼玉なんて言ってるだけで口が埼玉になるわ!」
「生まれも育ちも埼玉だなんて おお、おぞましい」
「埼玉から東京に行くには通行手形がいる」
「一生に一度は三越に行くのが埼玉県民の夢」

とにかく明るい埼玉ディスり漫画です

埼玉県民は必読!県外の方もこの機会に是非!



▼とにかく辛辣な埼玉ディスり本

▼関連記事

埼玉あるある満載の「埼玉のおきて」が面白い 

 





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 編集