P1250360
武蔵浦和のサンマルクカフェは2012年10月27日にオープンしました。
マーレ武蔵浦和の大規模改装工事によって生まれたんですよね。それ以前はパン屋さんが入っており、イートインでカフェとして利用することもできました。

すっかり武蔵浦和の顔となったサンマルクカフェ。
照明は落としてありますが、やはりカウンター席は外から丸見えです。あまり気持ちのいいものではありませんよね・・・
でもそんなサンマルクカフェには男女の密会に最適な知られざる超特別席があるのです

武蔵浦和サンマルクカフェの店内最奥に行ってみよう!


P1250361
外を通る通行人や店員さんからの視線からも逃れられる特別席はこちら。
食器返却口の右手。店内の最奥にひっそりと佇んでいます。
外から眺めるだけでは決して発見できないであろう閉鎖空間。
なお隣は喫煙室になっています。完全分煙ができているので非喫煙者としてはドトールよりも居心地がいい。

ソファー席に1人用のテーブルが何脚が設置されており、おひとりさまにおすすめ。

P1250362
そしてこの空間には2人掛けのテーブル席が2つあります。
外部と完全に遮断されたこの死角席は男女が密会するのに最適。
ある程度格式高いレストランに行くとそこでは出会ってはいけない男女たちが出会っている。
ここサンマルクカフェ武蔵浦和店もそうした意味では「使える店」ですよ

店員さんの目も届かないから自由気ままにやっている人もいますね
とにかく初めて利用する人はこの空間にビックリすることでしょう
そこは大人の秘密基地です


マーレ側の扉からも出入りできる!

P1250364
実はマーレ正面玄関側にもサンマルクカフェの扉があって、ここから出入りすることができます。
もう片方側にも扉があり、この2箇所から出入り可能。
この出入り口を使うなんてちょっと通っぽいよね。デートの時に披露してみて。



意外と死角になってる正面入口左手の席

P1250365
外から丸見えの印象が強いサンマルクカフェですが意外にも入り口左手のこのテーブル席は死角になっていて外からは見えづらい。
大通り側には食品サンプル陳列棚があるため外部の視線をシャットアウトすることに成功しています。
健全な男女が出会うにはこの席もおすすめですね


武蔵浦和のサンマルクカフェは夜23時まで営業しています
閉店15分前になってもそこには「蛍の光」なんて俗なもの、流れません。

23時前になるとみなバタバタ!っと食器を返却口に戻していく・・・・
そうです、みなさま常連さんなのかこの店の閉店時間を心得ているのです

そして23時ピッタリになると店員さんから突如「閉店です」と告げられます
この青天の霹靂感もお店の魅力のひとつです


サンマルクカフェでは福袋よりもお得な「お楽しみ袋」を販売中!
この機会にぜひサンマルクカフェを利用してみて!






関連ランキング:カフェ | 武蔵浦和駅















 





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 編集