飯能にムーミンのテーマパークがオープンしますが、
それに先行して店舗エリアがオープン!

▼関連記事
飯能のムーミンテーマパーク「メッツァ」、メッツァビレッジは2018年11月9日、ムーミンバレーパークは2019年3月16日オープン! : 浦和裏日記(さいたま市の地域ブログ)

さらに、話題のチームラボとのコラボイベントがスタートしました!
というわけで早速行って来たのでレポートします
 

チームラボ 森と湖の光の祭 概要


IMG_-ukh12g



エキシビジョン名 チームラボ 森と湖の光の祭

会期 2018.12.01 (土) - 2019.3.03 (日) 時間 17:30-21:00(20:00最終入場)※12.1(土)-2.11(祝・月) 18:00-21:00(20:00最終入場)※2.12(火)-3.3(日) 休館日 12.31(月)、1.1(火)、1.2(水)

住所 メッツァビレッジ 〒357-0001 埼玉県飯能市宮沢327-6 メッツァ

料金 <通常チケット>
大人(中学生以上) 平日:1,000円 土日祝:1,200円
・子供(4歳以上小学生以下) 平日:500円 土日祝:600円 ・3歳以下無料 ※12.29(土)-1.6(日)までは土日祝日料金

 販売場所: チケットは、会場(当日券のみ)、ローソンチケット、日テレゼロチケ、ローソン・ミニストップ店舗ロッピーにて販売(Lコード:34123)

引用:チームラボ 森と湖の光の祭 | teamLab / チームラボ

豊洲やお台場のチームラボは屋内型のウォークスルー展示ですが、メッツアの展示はすべて屋「外」です
また、照明を使った展示のため、夜の入場となります
入場料はその分安くなって、大人平日1000円、土日祝1200円となっています

前売り券もありますが、価格は当日券と同じです
得なペアチケットがありましたがすでに販売終了しています
ローソンで購入したところ手数料なしで買えました!

当日券でも余裕がありそうだったのですが、できれば事前に用意できるとベターです

今回展示されるのは3種類の作品でHPにも載っています


基本的には「写真撮影を楽しむ」のがメインのイベントだと思います
特段エンタメ的要素はなく、写真の趣味がなければ
「で、一体なんのためにここに人が集まっているの?」と思うかもしれません(笑)

豊洲やお台場のチームラボは格段に違いますので、エンタメを求める方はそちらに行ったほうが絶対的にいいでしょう



やっぱりムーミンエリアには立ち入れない!


3月に開業予定のムーミンエリアですが、今回のチームラボのイベントでも立ち入ることができませんでした

画像はチームラボの入場時にもらえるマップです
湖を一周できるのかと思いきや・・・よくよく見ると動線が半周で終わっています

IMG_-is7srd

湖半周でもそこそこの距離があるのでこのくらいの規模感で逆に良かったのではないかと思います

右側のストレートラインは橋なのですが、風がめちゃくちゃ寒くて撮影どころではありませんでした
湖の近くのイベントなので当然のように寒いです
覚悟して着込んでいったほうがいいと思います

奥まで進んでいくと急な坂も出現したり、登山気分で楽しめました


チームラボ営業中でもレストランやおみやげショップは入れます


P1090828

チームラボは夜営業のイベントなのですが、イベント中でもこちらのメインの店舗棟には無料で出入りできます

一部有料エリア内の店舗はチケットがないと自由に行き来できませんが、メインのお店って、この画像のところなので、そこまで支障はないと思いますね


チームラボ森と湖の光の祭はどのくらい混んでるの?


1番混むかもな~という日に行ったのですが、確かに人は多いけどそこまでぎゅうぎゅうでもありませんでした
開場前は行列ができていたのですが、すぐになくなりましたね

チームラボの夜イベントは京都の下鴨神社や高知城などでも開催されていたのですが、そちらの方が混雑してたんじゃない?と思います
もともと観光地である場所で開催したのでそりゃあ混みますよね

メッツアは埼玉県にあるし、都心からは電車で1時間・・・
・・・ということで人が殺到しているわけではないですね

ただし駐車場の空きには注意したほうがいいと思います

駐車場は予約制なので、ご利用はお早めに・・・




森と湖の光の祭の写真



IMG_5923-2
浮遊する、呼応する球体 / Floating, Resonating Spheres

会場に入って左手の奥にあるのが、こちらの作品
手や頭で蹴って、遊べます
ただし湖に近いので冷風が半端ないです
ベンチもあるのですが、とてもじゃないけどここではくつろげない・・・

近くにはお店もあって、ちょうどクリスマスマーケットをしてたんですが、そこで暖をとりました


IMG_5981


メッツアビレッジの店舗棟の奥へと進んでいくとクリスマスツリーなどのイルミネーションがあります
フォトスポットもあり行列していました

このあたりにはテイクアウト系の食べ物屋さんも出店しています


IMG_5943


イルミ通りを抜けて橋を渡っていくと本格的に森になってきます
このあたりがこのイベントのメインでしょうか


IMG_5965-19


IMG_5966

照明の色が変わっていくので同じ場所で撮影しても全く違った雰囲気になります
ほんとに暗いので手ブレ注意(泣)

IMG_5961
湖面に立つ、自立しつつも呼応する生命 / Autonomous Resonating Life on the Lake Surface


IMG_5962


IMG_5958


IMG_5957


IMG_5968



IMG_5972-24
呼応する、たちつづけるものたちと森 / Resisting and Resonating Ovoids and Forest


奥まで行き着いてみると卵がいっぱい!
この卵はランダムに色が変わります
お気に入りの色のときに撮影してみてください!

人の数以上に卵があるので、独占して撮影することも可能でした!

この写真は若干明るく加工しているのですが、実際はもっと暗いです!

「卵があるからなんなの?」と思うかもしれませんがいい雰囲気であることが間違いなし!(笑)
この卵エリアは結構広いので穴場もありました


夜景撮影に強いカメラがおすすめ!


IMG_5980-32

チームラボ森と湖の光の祭ですが、暗いし、ぶれるし、寒いしで撮影条件が良くないですね~
逆に、みんなどうやって写真撮ってるんだろう!?と思いました

一眼を持ってきている人は少数でした

今回使ったカメラはこちら

なのですが、後継機のこちら↓の方がおすすめです






なぜならWi-Fiがついているからですね
液晶モニターも可動するので便利です

標準レンズまでセットで5万円・・・!

特段難しい設定もせずにシャッターを押せばこれまでの画像のような感じで無難に撮影できます

のちに本気で画像加工するなら最初からRAWで撮ることをおすすめします
(わたしは容量をケチってRAWで撮らなかったから画像が荒れた・・・!)

RAWで撮るとSDカードの容量も食うので忘れず購入しておきましょう



わたしは大体32GBを使っています
64GBのSDカードを壊したりなくしたりするとショックが大きすぎる・・・(^_^;)




それでRAW撮影したデータはLightroomで加工していますよ




以前は8万円してた4Kフォトが撮れちゃうミラーレスですが、いまは5万円とお値ごろになっています
色違いは未だに7万円近辺なので謎すぎる・・・!

こちらも私は持っているのですが、キャノンの方が細部までくっきりと描写してくれます
ミラーレスで撮るとのっぺりしてしまいますね
その分加工モードが多彩で使い勝手はいいです
マニュアルフォーカスがとてもやりづらいので、一歩踏み込みたい人には残念な仕上がりかも・・・


IMG_5919
キャノンで撮影

P1090862
ルミックスミラーレスで撮影
※悪意があるくらいにぶれてしまいました・・・


チームラボ森と湖の光の祭では三脚持ち込みがNG!


三脚の持ち込みができないのですが、ミニ三脚ならいいかも・・・!




これでHDRで撮ったら結構幻想的な仕上がりになると思います^^
わたしは最近食傷気味でガチ撮りしていないのですが、これから行かれる方はぜひ後悔のないように撮影ください!


チームラボ森と湖の光の祭 入場料は妥当?


土日祝は大人1200円のこちらのイベントですが、写真に興味ある方にとってはまずまずのお値段だと思います

感動の閾値の低い人からすると・・・
都心のイルミを見たほうがまだいいのかも・・・

兎にも角にもメッツアはムーミンエリアがオープンしてからが本格稼働です

先行オープンしたエリアを先取りチェックしたい!という方にとって、ついでに立ち寄るイベントとしてはいいかも!

人はそこそこ来ていますが、会場が広いのでいい感じに分散されます
立ち止まってずっと撮影していても邪魔にならない感じでした

ぜひ素敵な1枚を撮ってみてください!

▼関連記事

サイボクハム
【メッツァ】サイボクハムのメニューと価格!気軽に食べられる本格ハムとベーコン!ソーセージ!

飯能のムーミンテーマパーク「メッツァ」、メッツァビレッジは2018年11月9日、ムーミンバレーパークは2019年3月16日オープン! : 浦和裏日記(さいたま市の地域ブログ)









このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 編集