キャプチャ

アトレ浦和のプロントがリニューアルして喫茶酒場「キッサカバ」になりました!
2021年7月1日オープン!
昼はカフェ、夜は酒場として、毎日17時半から酒場メニューを提供しています。

プロントの新業態ということで、既存プロントがどんどんキッサカバに生まれ変わっていっている模様。


PRONTO(プロント)は、「昼はカフェ、夜はサカバ。」という「二面性」をキーワードに、働く人がいつでも立ち寄れる、使い勝手の良い空間を一日中ご用意しています。 仕事前や休憩時間に立ち寄れて、人々が集うコミュニティともいえるカフェ空間として。また、仕事終わりに仲間と気軽に集う、会話が弾むサカバ空間として。 カフェとサカバ、プロントならではの「二面性」をお楽しみ下さい。

引用:キッサカバ | プロントの新しい夜業態「喫茶+酒場=喫茶酒場」


メニュー


E6LK0nIVkAc5Jqb


E6LLUUkVUAkefX2


E6LLUmyVUAIVouo


E6LLU7KVcAAZ4JQ


E6LLVQOUcAAWXyV





夜は普通の居酒屋として利用できそうです!
メニュー表のデザインがなんともいえない昭和感・・・
HPはファミコンっぽいレトロなデザインになっていて、ブランドコンセプトがしっかりしているなあ~と感じます。

見てるだけでも面白いです!
キッサカバ | プロントの新しい夜業態「喫茶+酒場=喫茶酒場」

西武園ゆうえんちも、昭和レトロにリニューアルされましたが
ゆとり世代、Z世代の間で昭和レトロブームが来ている!という記事がありました。

ここ10年近く、ゆとり世代、Z世代の間で「昭和レトロブーム」が起こっています。 使い捨てカメラ、チェキ、レコード、カセット、純喫茶、メロンソーダなどが若者の間で流行り、コロナ禍の中では無印良品のメロンソーダが爆発的に売れました。内装を昭和の雰囲気にしたり、昔の銭湯のようにしたり、新しい施設なのにあえてレトロ風にしている居酒屋なども人気です。

引用:「脱・昭和」若者らがハマる新レトロブームの真相 | Z世代のリアル | 東洋経済オンライン | 社会をよくする経済ニュース


プロントのキッサカバもこのブームに乗っているということですね!
確かに最近は昭和の純喫茶に注目があつまり、昔ながらのクリームソーダや固めのクラシックプリンがブームに。

キッサカバにも純喫茶メニューがあるので要チェックです!

埼玉県で他に
キッサカバに生まれ変わったプロントは「かわぐちキャスティ店」のようです!


▼Twitterではブログより早く情報発信中!
引用ツイートもぜひみてみてくださいね!




PRONTO アトレ浦和店


埼玉県さいたま市浦和区高砂1-16-12 アトレ浦和

048-811-2223
無休

平日:カフェ 07:00~17:30 サカバ 17:30~20:00 

土曜:カフェ 07:00~17:30 サカバ 17:30~20:00 

日曜:カフェ 07:00~17:30 サカバ 17:30~20:00 

祝日:カフェ 07:00~17:30 サカバ 17:30~20:00 

※夜はキッサカバメニューを提供。



PRONTO アトレ浦和店 |PRONTO -プロント-






 

仮想通貨をはじめるなら!▶bitFlyer (ビットフライヤー)

さいたま市でもウーバーイーツ! ▶Uber Eats フード注文












▼noteやってます



◆管理人を支援◆

\よろしければフォローください/

 



Instagramやってます
saitamatamako_nametag

★ライン公式アカウント










このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 編集